FES耐久Rd6 in Festika

今回もMCとして参加してきました!

FESrd6-5
FES耐Rd6 in Festika。
レースは今シーズン2回目となる
逆回りでの開催。
ガソリンは2リッタースタートで、
1回の給油最大量は2リッター。
=燃費レース!
そしてカートシャッフルは
レース1時間経過後から2時間経過の間の
どのタイミングで入るかわからない
というレギュレーションで行われました。

レースは今回も序盤からStayGoldRacingが独走状態を築くも、
途中作戦変更があったようでドライバー交代を早めに消化して一時下位に。

実況をしていて気になったのが初参戦のTEAM VIVID
10年ほど前に鹿沼のSLシリーズをおっていた会社のメンバーでの参戦とのことで、
チームのベストラップは40.245秒と、決して飛び抜けて早いわけでもないものの、
安定したラップが目立ち、レース中盤では2位から3位をずっとキープ。
タイムも最初は粗めの乗り方だったのが徐々にN35にアジャストされていくのはさすがといった感じでした。

レース終盤では1位、2位争いと3位、4位争いが白熱!

レース残り1時間の段階からTeam TKCStayGoldRacingはドライバー交代の度に順位をお互い入れ替えてポジション争い。
StayGoldRacingが最後のドライバー交代を終え川福選手を送り出した先はTeam TKC 和田選手の3秒前。
和田選手は川福選手を追うも届かず、そのままフィニッシュ。

3位、4位争いにはTeam パラダイスTMC
最終スティント手前ではTMCが前にいて20秒程度の差をつけていたものの、
最後のドライバー交代での給油のタイムロスでTeam パラダイスにポジションを譲ってしまい、
最終スティントでも巻き返せず表彰台を逃してしまいました。

ピット時間の争いになったらTeam パラダイスに勝つチームはいないかもしれませんね。

3時間耐久レースの結果、表彰台常連チームが顔を揃えました。
いつかSTAY GOLD RACINGとTeam TKCを倒すチームは現れるのか!?笑

1位 STAY GOLD RACING
2位 Team TKC
3位 Team パラダイス
FESrd6-18

さらに今回は特別賞が3つ。

1つめはレースファステスト賞。
優勝チーム StayGoldRacingの小池選手が9Lap目にして39.261秒を叩き出し、堂々のファステスト。

IMG_8569

2つ目はFestika渋谷マネージャ賞。

初参戦にもかかわらず、レースファステストのわずか100分の2秒差の39.289秒をたたき出した
日産栃木自動車大学校RKCの山本選手。

FESrd6-22

3つ目は埼玉トヨペットモータースポーツ推進室の岩田室長から印象に残った選手へ。

この賞を受けたのはTeamTKCの和田選手。

岩田室長「大きな体をストレートの度に前に屈めてシャツをはためかせて走っていた姿が印象的」

そう、確かに和田選手は毎回真っ赤なスーツに身を固めての参戦だけど、
今回に限っては私服。
今回はチームメイトが助っ人メンバーの為にウェイト的に計量化してるのかな?

第2戦から第5戦まで3戦連続優勝を果たしている強豪TKCですが、こんなところにも勝ちへの執念が垣間見えます。

FESrd6-6

表彰式ジンジャーエールファイトでは日産栃木自動車大学校のメンバー達が大いに盛り上げてくれました。

FESrd6-19 ←これが
こうなって→ FESrd6-20
↓ こうなる。(笑
FESrd6-21

そして~
夕方から行われるプチFES耐。

70分耐久なだけあって、なんと1人参戦が4チーム!
一方5人で参戦のチームも。

今回のプチFES耐の上位3チームには
ステアリング、プラグ、コンロッドをかたどったトロフィーが授与されました。

FESrd6りゅ~くんじゃま・・・

FES耐のクリスタルのしっかりした感じもいいけど、
各所に手作り感があるこんなトロフィーも素敵(笑

3位だけどコンロッドが私の一番のお気に入り。

これはほしいな~
私はプチFES出られないから瑞浪まで遠征に行くかな(笑

今回、写真はいつもの+かおりんさんから頂戴しました!

次のFES耐は10月12日の7時間耐久!

ではまたっ(^u^)ノ