M4カート 琵琶湖ラウンド ~走り納めレポ~

気付けば1週間たってしまいましたが、

M4カートレース最終ラウンド琵琶湖スポーツランド

へ行ってきましたーレポ

M4カートレース

池袋から遠路はるばる片道500km。

初!琵琶湖スポーツランド
コースレイアウトはこんな感じ

琵琶湖スポーツランド

今年の頭では全日本カートレースも行われてましたね。

さて、今年のM4カートレース最終ラウンド。

到着直後は青空だったのに
IMG_0112

山の向こうからアヤシイ雲が迫り・・・
琵琶湖スポーツランド

ちらちらと見え始め・・・
琵琶湖スポーツランド

次第に勢いを増し・・・

雪っっ

雪っっ

という感じで絶好の走り納め日和となってきました(笑

といっても私は走る側ではなくしゃべる側!

走る側の方達は大変。
コントロールタワー1階の受付エリアのストーブ前には走行後のドライバーが暖をとりに集まります。

セパレートカッパはどうしても背中がぬれるんですよね~

セパレートカッパはどうしても背中がぬれるんですよね~

練習走行が始まるも雪はやまず。
寒そうでしょ!?

ユキっっ

寒いんです。

そんな感じで耐久レースのスタートグリッド紹介

モータウンレーシングのグリッドインタビュー

モータウンレーシングのグリッドインタビュー。今回のライバルはいつもは仲良しのTeamTAKATAとのこと。勝負の行方は!?

エントリーは全部で21台!

ついついインタビューが長くなり、皆さんお待たせしてしまいました

レースは4時間耐久。
20131222_M4_Biwako_035

いつまで経っても路面は乾かず

20131222_M4_Biwako_008

レース中は難しいコンディションの中序盤からベストラップ争いに絡んできたのが
舞洲加藤塾、裏舞洲屋、FIM TIGRE、山本真理教、REBONDIEあたり。

REBONDIE(ルボンディー)はなんと京都市左京区のパン屋さん

20131222_M4_Biwako_048

実は差し入れでパンを頂き、私もちゃっかり頂きました

寒い中、健闘を見せていたのがTEAM 50 OVER。
チーム名から見てもわかる通り全員が50歳以上!
まだまだ70歳までは走れるんじゃないかなとおっしゃっていました。さすがです

20131222_M4_Biwako_046

年齢ネタでいくとチームW.M.O.R.は名前の由来がワカイモノにはマケナイゾレーシング的な感じとのこと(笑

山本真理教も気になる名前ですが、カートは宙に浮いてたんでしょうかね!?
目撃できず残念(笑

レース残り1時間半の段階で早くもトップチェッカーが見えてきたのが兵庫のレーシングカートチームFIM TIGRE。
一方ピット規定回数を早々に消化して行くのが目立ったチーム カクザトウは10番手前後を走行するも、残り2スティントと超ロングスティント
残り1時間の段階で規定ドライバー交代回数を消化し見事2位に浮上。

20131222_M4_Biwako_094

そして盤石な体制で走る裏舞洲屋、pericoloso、舞洲加藤塾にて3番手争いが過熱
20131222_M4_Biwako_059

レース中は晴天がのぞいたり、
またまた雪が降ったりと結局最後まで落ち着かないお天気でした。

そんな中レースを制したのはFIM TIGRE

20131222_M4_Biwako_131
2番手チェッカーはカクザトウ
3番手は裏舞洲屋となりました

皆さん寒い中お疲れ様でした!
雪の舞う中での2013年走り納め。
記憶に残るレースになったのではないでしょうか

また来年もカート界を盛り上げていきましょ~

あ、私自身はまだまだ走り納まってませんけどね!
明日明後日で走り納め
早く寝ろですね。

ではまた~(^^)/

————————-

(写真は一部M4カートフォトギャラリーから掲載しています)