RedBullKartFight東関東予選

いまさらですが

RedBullKartFight東関東予選に参戦してきました。
IMG_0136
今年はダイエットもせず、会場の新東京サーキットを走ることもせずでの参加。
今年はレッドブル3本飲みました。
レッドブルグッズ。
参加賞はレッドブルタオル。
レッドブルグッズ
エントリーはシニアで145人だったかな?
ジュニアは20名。
ジュニアはほぼレーシングカーターのような気がする。
事前に吉成さんに「地元勢が速い」×2と脅されていたので、練習もしてないし
「今回は無理かなぁ」
と思っていたけど、何とかタイムアタックは2番手で通過。

続く予選は2番手ポジションで6位までが決勝へ進出。
スタートからトップに出たけど、電光掲示板を見てるとベストラップは後ろの2台の方が上。
「決勝はタイム順でグリッド決まるから6番以内なら順位よりもタイム出しに行った方がいいよ」
と言われていたので、去年も確かそうだったなぁと思い、4番手がそこそこ離れてるのを確認して順位を落としてスリップ使ってタイムアタック。
何とか前の2台よりもタイムは出せたけど、すごい微妙なタイム…。
これは決勝後半だなぁと思ってたら、、、

なんと本戦グリッドは順位並びで、同順位のグループ間のみタイム順とのこと。
え~~っ(◎o◎;)

な、ならポジション落とさなければよかった。。。
策に溺れました orz
まぁどっちにしても全体でみるとタイム出てなかったからダメだったんだけどね。
腕も詰めも足りないということでした。

そんなこんなで迎えた決勝9番手スタート。
やはり決勝はみんな熱い(笑
スタート2コーナー立ち上がりでリアに
他のマシンが乗り上げてポジションダウン。
でも何とか8番手くらいまで上がって、残り2週程度で先頭集団に追いついてガシガシパッシングしたものの、最終ラップモナコで前の車両がパッシング時に滑って私も突っ込んでしまい終了。

でも久々にレースした!って感じですっごく楽しかった(^O^)

シニアの部優勝は右腕の手術を
終えたばかりの状態で参加の川福君。
2位にはネオスピードの高山さん。
3位には去年も関東大会代表だったコイディ。
ジュニアクラスはレーシングカートで見かける子などなど。
最後まで熱い戦いが繰り広げられていて見応え満点でした!
強敵グループになり、お手上げアクションをしてくれる高橋 知己君。

強敵グループになり、お手上げアクションをしてくれる高橋 知己君。

ジュニアの代表は女子カート部の安田実紅ちゃん。
応援してくださった皆さんには申し訳ありませんでしたが、レースの楽しさを思い出せるいい機会になりました。
もっと色々強くなるよう努力します(^_^;)

ではまた~(^O^)ノ